本文へ移動

法面工事

株式会社五和産業では、崖崩れを防止するための通常の法面工事、及び老朽化してしまった吹付モルタルを補修する作業を行っており、モルタルを削ぎ取ることなくその機能を再生させることが特徴です!

▶バスク工法・ニューレスプ工法

バスク工法は、老朽化した既設の吹付モルタルを補修する工法です。
既設のモルタルを剝ぎ取ることなく、その機能を再生させるリサイクル工法なので、地球にやさしく産業廃棄物を発生させません。

ニューレスプ工法とは、老朽化した吹付モルタル・コンクリートをはつり取ることなく、既設法面の補修と鉄筋や新設水抜きパイプで補強する工法です。 
※写真はニューレスプ工法 当社施工例

施工前

※画像をクリックすると拡大して見れます

施工後

※画像をクリックすると拡大して見れます
バスク工法の特徴
① 剥ぎ取りを必要としないので、産業廃棄の量を最小限に抑えます。
② 大規模な仮設防護柵を必要とせず、交通規制が最小限で済みます。
③ 大きな吹付プラントは不要です! 施工ヤードを大幅に圧縮できます。
④ バスク工法は経済的な工法です。従来の75%ほどの工賃で施工可能です。
⑤ 従来の工法より比較的短い工期で施工できます。
ニューレスプ工法の特徴
① 簡易な防護柵のみの仮設で施工が可能。
② 道路法面においては工事中に通行車両への破片が直撃する心配がなく安全。
③ 既設モルタル背面の地山状態に応じて合理的な地山補強が可能。
④ 有機繊維モルタル吹付で法面の耐久性が向上。

▶吹付法枠工法・簡易吹付法枠工法

凹凸や亀裂の多い岩盤法面や、災害のおそれ等により早期に保護する必要がある法面に対して、格子状の枠を設置し、風化や浸食、崩壊等を防止する工法です。
※写真は簡易吹付法枠工法 当社施工例

施工前

※画像をクリックすると拡大して見れます

施工後

※画像をクリックすると拡大して見れます
吹付法枠工法の特徴
① 型枠はクリンプ金網を使用しており変形自由で軽量なため作業性が良好。
② 型枠は埋め殺しのため解体作業が不要。
③ 型枠材はすべてメッキ化され耐久性が向上。
④ 地山に直接モルタル吹付するため、地山と枠が一体となり充分な強度が得られ洗掘作用を受けない。
簡易吹付法枠工法の特徴
① 簡易な組立枠を使用する為、地山のならし作業が不必要。
② 直接地山にモルタルを吹付けるので密着性に優れ基礎コンクリートを必要としない。
③ 表面水の排水性に優れ枠内の滞水を防ぐ。
④ 枠は縦横に連続しているため地山表層の剥落に対して抵抗力を持っている。
⑤ 正確な断面形状が確保できるため安定した品質の法面が造形できる。
⑥ 長期間安定した緑化をはかることができる。
⑦ 資材が軽量で設置が容易なため、施工性、経済性に優れている。
五和産業では、安全性・施工性・経済性に優れた作業が可能です!
当社サービスに関するご質問・ご相談はお気軽にお問い合わせください。
0969-32-1155
〒863-2331 熊本県天草市五和町鬼池113
0
1
5
4
4
5
TOPへ戻る